アパート経営を簡単に考えてしまっている人の考えを改めていくためのサイト

当サイトではアパート経営を簡単に考えてしまっている人に対して、その考えは甘いですよと注意を促すようなコラムを集めていきたいと思います。

安易に考えている人が多いが難しいことも多いアパート経営について解説

安易に考えている人が多いが難しいことも多いアパート経営について解説

あなたは、アパート経営について、どんなイメージがありますか。あまり手間がかからずにお金が稼げそう、長く経営できそう、高齢になってからでもできそうなど、きっといろいろなイメージがあるでしょう。多くはそのメリットに目がいきやすく、なかなかデメリットやお金については、知識やイメージがもちにくいのでしょう。

援用⇒アパート経営 http://www.kenyonpowerboats.com/

■アパート経営を始まる前にかかるお金とは
アパート経営を始めようとするとき、まず新築アパートか中古アパートかを選ぶことになります。それぞれで、かかわってくるお金は変わってきます。新築の場合には、土地の購入費用やアパート建設の費用となります。建設費用も、本体(外装)の費用と内装の費用とに別れたりします。

一方、中古アパートの場合には、アパートの購入費用となります。やはり中古よりも新築のほうが費用は高くなります。また、どちらにしても、経営には融資を受けることになりますが、受けるためには、自己資本として、自分でもお金を何百万も用意しておかないといけません。

あと、準備を進めていくうえで、実際に経営が始まる、つまり、入居希望者が入るまでには手続きなども多く、それが初期の経費となるのです。これも予め用意しておかないといけません。

■アパート経営が始まったときにまつわるお金とは
そして、入居希望者が集まって、いよいよアパート経営が始まると、そこから発生するお金がいろいろと出てきます。大きく分けると、維持管理費と税金です。維持管理費では、アパート経営をするために必要なお金です。アパートも老朽化していきますから、そのメンテナンスとしてかかるお金から、住んでいる人のためにアパートを管理しないといけません。

それにかかる費用があります。また入居者に関する家賃や敷金礼金などもこの段階で、関係する大切なお金となります。あと、忘れてならないのは税金です。これはアパート経営のためと言うよりも国民の義務としてのお金です。家賃で収入を得たのですから、きちんと納税をしないといけないのです。

アパート経営となると、税金の種類も多くなり、また、それに関する経費の種類も増えます。しかし経費は節税対策にもなるので、経費をあげることはとても経営では大切な仕事となっているのです。

■最後に
子ページでも維持管理費や税金や経費などについて、詳しく情報を載せています。アパート経営には、たくさんのお金もかかり、その種類も豊富です。どれも必要な知識ですので、しっかりとお金についても身につけていきましょう。そして、経営に活かしていきましょう。