アパート経営を簡単に考えてしまっている人の考えを改めていくためのサイト

当サイトではアパート経営を簡単に考えてしまっている人に対して、その考えは甘いですよと注意を促すようなコラムを集めていきたいと思います。

本気で始めたいとお考えならばアパート経営の課題とまずは向き合っていかないといけない

time 2016/06/20

本気で始めたいとお考えならばアパート経営の課題とまずは向き合っていかないといけない

アパート経営をするにあたっては、やはりローンは切り離せない問題です。いかにローンとうまく付き合うかも、アパート経営の課題とも言えます。

■アパートローンと自己資本
アパート経営を始めるに当たっては、自己資本が必要になります。だいたい、物件の2~3割は必要になってきます。すると残りの7~8割が金融機関からの融資となります。これがアパートローンとなるのです。もしも、自己資本を多くできれば、それだけアパートローンを下げることもできます。

大抵はこの割合の自己資本を持てば、そこからアパート経営を始めることができるのです。

■アパートローンの返済
とはいっても、7~8割となるとかなりの金額となってしまいます。それだけを返すのですがら、返し方も考えないといけません。アパートローンの場合には、毎月同じ金額を返し続ける方法が好ましいとされています。完済までは長くした方が無理をせずに返していけると考えられます。

また金利も固定にしておくと、安くなったときには損しますが、増えるリスクを考えるときに固定がいいかもしれません。不動産業者や金融機関とよく相談をして、ローンの返済計画を練りましょう。この計画によって、家賃の設定も変わってきたりもします。

ローンを早く返したいと焦って、家賃を相場よりも高くすると、入居希望者が集まらないという悪循環になってしまいます。それもあって、無理しないことが必要なのです。

■最後に
自己資本をしっかりと用意することが、アパートローンにも影響しますし、アパートローンは経営に影響します。この関係を頭にいれて、経営の準備を進めましょう。