アパート経営を簡単に考えてしまっている人の考えを改めていくためのサイト

当サイトではアパート経営を簡単に考えてしまっている人に対して、その考えは甘いですよと注意を促すようなコラムを集めていきたいと思います。

アパート経営にかかる維持管理費について解説をしてみたいと思います

time 2016/07/11

アパート経営を始めてみると、本当にいろいろな維持費や経費がかかることがわかるでしょう。これらもアパート経営を始める前から用意しておかないと、準備がスムーズに進まなかったりしてしまいます。維持費や管理費についてもしっかりと覚えておきましょう。

■維持費や管理費にはどんなものがあるのか
維持費や管理費には、次のようなものが挙げられます。まずは、税金です。アパート経営で発生する収入から、所得税や住民税があります。またアパート自体にかかるもことして、固定資産税や都市計画税があります。他にも開業時の手続きにかかる印紙税や免許税があります。

次にアパート経営では、アパートにかかる修理費用やリフォーム費用です。年数がたつにつれて、設備はどんどんと劣化していきます。必要に応じて修理をするのでその費用がかかります。また、中古アパートを利用するときや、入居希望者を集めるときにはリフォームを迫られることもあります。

それも維持費や管理費に入ります。また電球などの消耗品の費用もあります。あと、退去者が出た場合の部屋のクリーニング代もあります。あと、管理運営ですが、自分で大家となってするのであれば、それには費用はかかりません。しかし、自分で管理できないときには、不動産業者か管理会社に頼まないといけません。

管理委託費もかかります。また入居希望者を不動産業者に頼んだ場合には、その費用や仲介手数料もかかり、それも管理費となります。管理についていえば、15歳以上の親族がアパート管理に専従した場合、給料を出すこともできます。その分は管理費となるのです。

■最後に
あとは火災や地震の保険料もあり蒸す。これらをいかに抑えながらうまく経営するかも、収入アップの鍵となります。また経費になるので、税金対策のためにも、金額も管理しておきましょう。