アパート経営を簡単に考えてしまっている人の考えを改めていくためのサイト

当サイトではアパート経営を簡単に考えてしまっている人に対して、その考えは甘いですよと注意を促すようなコラムを集めていきたいと思います。

経費の金額の管理をしっかりと行うということはアパート経営をしていくうえで大事なこと

time 2016/06/27

アパート経営を始めてみて、入居者が出ればそれだけ収入もアップします。その収入からローン返済となりますが、さらにそこから税金も支払わないといげません。税金もしっかりと払わないといけませんが、やはり出来れば少ない方がいいと大抵の人は思ってしまうでしょう。

■経費をあげて、所得税を減らそう
税金にも所得税や固定資産税が、主に毎年支払う税金です。そのうち、所得税は経費をあげることで、税額をさげられます。もちろん、実際に支払った経費であり、架空の経費や水増しはいけません。アパート経営を指定ながらも、経費について普段からかんりしていなくて、所得税を多く払っているなんて人もいます。

領収書の管理や金額などを管理をしっかりとしておくと、税金対策にもなります。まずは、アパートの修繕費やメンテナンス代です。これは維持管理費で経費に上がります。手続きやまた弁護士や、会計士への相談費用も挙げられます。あと、管理会社に管理を依頼していれば、それが経費となります。

また、アパートにかかる保険料も経費になります。あと、アパートにかかるものとして、原価償却費があります。建物は年数と共に価値は下がりますが、それを費用として計上できます。算出のやり方に従えば、あなたのアパートの原価償却費がわかり、それを経費にできます。

大抵は何年かに分けて、経費として計上していきます。あとは、経営のためにつかった携帯代金や交際費も挙げられます。他にも経営のための書籍や必要な文房具なども経費となります。

■最後に
経費として計上はいろいろなものができますが、どれも領収書の保管やいつ支払ったかなどの管理が必要です。どんぶり勘定にならないように、しっかりと経費をあげていきましょう。